飲み会で知り合った色気たっぷりの巨乳のねえちゃんと酔った勢いでの乱交アダルト体験

HOME
官能小説飲み会で知り合った色気たっぷりの巨乳のねえちゃんと酔った勢いでの乱交アダルト体験

飲み会で知りあった色気ムンムンの巨乳ちゃん。

男友達とその娘の三人で僕の部屋で飲み直し。


酔いも進んで王様ゲームやることんなった。



段々エスカレートしてその娘を裸でよつんばいにし、親指で肛門を拡げ友達と観察して大笑いしてるとその娘のアソコがビッショリしてきたのでしばらく放置してやった。


その娘が辛抱出来なくなりフェラ懇願。
でもさせないで今度は机の上にオシッコ座りさせびらびらを自分で拡げさせた。


自分はベッドから俯瞰的に見てたけどそん時程女性の体が美しいと思った事は今もない。


僕も相当コーフンしてたがぐっと押さえ、その体勢のまま勃起したクリの皮を剥いてゆっくりと丁寧に舌先で舐めてやるとっというまにしなだれてた。


その後は友達が上半身を中心、僕が下半身を中心に好き放題もて遊んだ。僕はアソコと尻の穴をじっくりと観察しつつ筋の一本一本まで丁寧に舐めてやると友達のを口にくわえたまま何度もその娘の体がビクンッと波打ってた。


最後は人生初の生中出、同時に昇天の偉業を達成したが今でも思い出すのは彼女のよつんばいとオシッコ座りだ…


あれから10年経ち変態度は増しているがあれほどコーフンした事は今もない。


女のコを只の玩具として扱い、その美しいさに崇高さを感じた甘酸っぱいお話でした。