女性の仮設トイレでの妄想オナニー体験談

HOME
官能小説女性の仮設トイレでの妄想オナニー体験談

マンションの建築現場に打ち合わせに行ってきました。

そして、現場の仮説事務所で打ち合わせを終え、私は仮説トイレを借りました。

その日は、朝から便意はあったのですが、数日前からの便秘でトイレに入っても

なかなか出ませんでした。打ち合わせに出る前も便意があったのですが、

少し我慢して出掛け、打ち合わせ途中からは急に便意が強くなりました。

私は現場事務所を出ると直ぐに仮説トイレに向かいました。

そのトイレは、ドアの下の方が四分の一らい無く、中には便器が無く

コンクリートのブロックが二つ置いてあるだけでした。

私は、もう出そうでしたので仕方なく入り、ブロックの上に奥の方を

向いて立ちました。しかし壁が目の前にあって、これではしゃがみ込む

ことが出来ず、私は向きを換えドアの方を向いて立ちました。

そして、スカートを巻くし上げパンティーを下ろそうとしまたが、

ドアの下が大きく開いていて、しゃがみ込むと外からしているところが丸見え

になってしまいパンティーを下ろせませんでした。

それに、外では男の人5〜6人が休憩をしていて、今まで話し声がしていたのに




私がトイレに入ったとたん静かになってしまい、皆がこちらを見ているのか

と思うと、パンティーを下ろすことが出来ませんでした。

今まで私は、うんちするところを人に見せることもありましたが、今は仕事中で

そんな気分でないし、このことが事務所の人に知れたら、もうここには

来れない、そんなことを考えたからです。

でも、もう我慢の限界でした。私は、どうしてもパンティーを下ろすことが

出来ず、仕方なくゆっくりと腰をおろしながら、パンティーの股の部分

横にずらしてしゃがみ込みました。小柄な私には、ブロックの

置いてある幅が広く、膝をそろえてしゃがみ込むことが出来ず、膝が開いて

しまいマ○コがパックリと開いてしまっているのが分かりました。

そして、お尻にはちきれそうな痛みが走ったとたん、硬くて太いうんちが

出てきました。私は、パックリと開いたマ○コと、太いうんちが出てるお尻を

見られている、そう思うと全身が熱くなりいやらしい気持ちになってきました。

うんちが出終わると、私はクリに指をあてがい撫で始めてしまいました。

そして段々と強く、股を目一杯に開いてクリを撫でまわすと、ちょろちょろと

出ていたおしっこが飛び散り、足やら手にまで掛かりました。

そして「あ〜ん、私のマ○コ見て」そう小さくささやきながら、指をマ○コに

入れて大きくかき回しました。いやらしいお汁が掌を伝い流れ落ちていき、

私はいってしまいました。