彼女とハプニングバーに行った時のアダルト体験談

HOME
官能小説彼女とハプニングバーに行った時のアダルト体験談

まだ独身者だった20年前、20代半ば頃の話です。

会社同僚2人と名古屋のディコクラブへナンパに行き、2人組の娘をナンパ成功しました。

私は22才の香織とペアになりました。(今で言うと、ミニスカが似合う壇蜜似)

色々世間話していましたが、香織は女子大生である事、住んでいる場所がお互い近い事が分かりました。

香織の顔を見ると、私に興味があるのが明らかに分かりました。

人目も気にせず、クラブでキスやおっぱい触りをしていました。

車1台で来ていましたから、その日は電話番号を交換して別れ、それから1週間後に香織と2人で会う事になりました。

初めて会った日に、キスやおっぱい触りをやってますから、食事した後、当たり前のように車でホテルに入りましたが、香織は何も言いません。

私はかなり溜まっていましたから、直ぐにキスをして、服をあっという間に脱がせまた。

脱がせたパンツの股の辺りは、既にベトベトになっています。

まだキスしかしてないのに、コイツは淫乱だなと思いました。

裸の香織はスタイルがよく、ムラムラ感が込み上げてきて、おっぱいをしゃぶりまくりました。

感度が良く、香織は喘ぎまくります。

しかし、少しすると何か匂います。

初めはどこからかは分からかったのですが、れはマ○コから匂いが発生している事が分かりました。

生魚臭にマ○コ臭を足したような、かなりキツイ匂いです。

とべら女って言うやつですね(^_^