下ネタからSEXに発展した女上司とのセックス体験談

HOME
官能小説下ネタからSEXに発展した女上司とのセックス体験談

新人の頃に同じ支店の主任とやった

入社7年めで同期トップで主任になった仕事の出来る人で、俺の教育係だった。

顔が小さくてすらっとしてて、昔の小泉今日子みたいな感じ。

俺の会社は東京近郊に2つ社員寮があったが、俺と小山さんは同じ寮だった。

小山さんは仕事は厳しいが、仕事の後には同じ支店の先輩たちとよく呑みに連れて行ってくれる気さくな人だった。

その日は金曜日、いつものように支店のメンバー5、6人で会社近くの居酒屋で飲んだ。

終電で同じ寮の男の先輩(小山さんの1つ上)、女の先輩(小山さんの1つ下)と小山さん、俺の4人でしょうもない話で盛り上がりながら帰ってきた。

それぞれフロアは別だったので別れて部屋に戻った。

俺は金曜だし、ゲームでもするかと思って電源入れたところに小山さんから電話がかかってきた。

聞くと、会社を出る前に仕事の書類を俺が預かっていたが書類を受け取るのを忘れていたので持ってきてほしいという。

俺はネクタイは外してたがまだスーツの格好のままで、小山さんの部屋まで持っていった。

俺はその時はあまり下心もなかったので、玄関先で渡して帰ろうと思っていたがちょっと上がっていってと声をかけられた。

断る理由もないので上がると、いかにも女の子な感じの可愛い部屋だった。




小山さんはビールを出してきてくれて、仕事の様子など聞いてくれてた。

だんだんとプライベートな話になり、下ネタになっていった。

今までにも何人かで下ネタで盛り上がる事は何度かあったが、2人で、しかも小山さんの部屋でという状況に俺もだんだん下心が出てきた。

俺はそんなイケメンではないが、色黒で筋肉質でサル顔という小山さんの好みに合っていたので、なんとなく小山さんが好意を持ってくれている事は感じていた。

話題は今まで燃えたキスの話になって、小山さんは妙に顔が近づいてきていた。

「Oってキスうまそうだよね〜」

30cmくらいの距離で上目遣いで尋ねてくる。

これはもういくしかないだろうと

「じゃ、してみますか?」

と言うや否や、小山さんの肩を引き寄せてベロチューをかました。

小山さんも積極的に舌を入れてくるので、お互いに唾液を交換しながら濃厚なキスをたっぷりと堪能した。

俺はベロチューしながら小山さんのブラウスのボタンを外していった。

嫌がる素振りはない。

ブラウスのボタンを3つくらい外すとピンクのブラが現れた。

スリムな体型なので普段は気づかなかったが、これは隠れ巨乳というやつか。

以前から冗談で本当はグラビアアイドル並みとか着やせしてるとか言ってたが本当だった。

グラビアアイドルとまではいかないが、Dカップはゆうにある。

俺はキスをやめて思わず見とれた。

すぐにブラを外すと可愛いピンクの乳首が出てきた。

舌で軽く転がしてやるとで少ししょっぱい。

「シャワー浴びてないけど大丈夫?」

小山さんは気にしている様子だったが、俺は構わず乳首を舐め回しながら右手でスカートをたくし上げた。

お揃いのピンクのパンツを脱がすともうそこはぐっしょり濡れていて、指もすんなり2本入った。

俺が指を激しく掻き回すと、だんだんよがり声が大きくなってきた。

さすがに会社の寮ので声は気になる。

近くにあったハンカチを口に押し当ててもらう事にした。

最初は恥ずかしそうにしていた小山さんも、だんだんと腰が動き出した。

今度は俺がパンツ脱いでフェラしてもらった。

そんなに上手くはないが、一生懸命しゃぶってくれている。

俺は主任が必死になって俺のち○ぽを咥えているのを見ながら優越感に浸っていた。

もすぐにギンギンになったので、まずは正常位でいれた。

小山さんはハンカチを押し当てて、声を押し殺しながら苦悶の表情を浮かべている。

その姿を見ると俺もSな方なので堪らなくなってきた。

より奥まで入る松葉崩しのような体位に移行してガンガン突いた。

小山さんは声を押し殺すのに必死でハンカチ越しに

「ウーッ!ウーッ!」

と唸ている声が聞こえてくる。

だんだん興奮してきた俺は一度抜いて出窓のそばに連れて行った。

俺は出窓の所に手を突かせて立ちバックで突き始め、いきなりカーテンを開けて外から丸見えの状態にした。

5階なので見られる事はないが、下は金曜日と言う事もあって車や人が行き来している。

小山さんはイキそうになったのか、立っていられなくなってそのにへたりこんだ。

ベットに連れて帰って最後は正常位でお腹の上に出した。

その後、お掃除フェラをしてもらって一緒にシャワーを浴びて風呂場でも立ちバックで一発やった。

その日はそれで終わり、それから小山さんが異動になるまでの半年間週一のペースでやった。

寮のどちらかの部屋がほとんどだったが、オフィスのトイレでやったり支店の飲み会時に居酒屋のトイレでやったりした。

一緒に動く事も多かったので、営業車の中でカーセクしたり直帰と言ってラブホでやった事もあった。

その後、小山さんは結局、同じ支店だった先輩と結婚した。

その先輩とは巡り巡ってまた同じ支店なので顔を見る度に小山さんの事を思い出して優越感に浸っています