兄の嫁のオナニー現場を目撃した時のお話

HOME
官能小説兄の嫁のオナニー現場を目撃した時のお話

俺は25歳で、建設会社に勤めている。

俺の実家には両親と兄夫婦と俺の5人で暮らしている。

ある日の平日、俺は有給休暇を使って大好きなパチ屋に出掛けた。

結果、午後2時時点で2万儲けだったので、即止めしてルンルン気分で帰宅した。

帰宅して家に入ろうとしたら玄関に鍵が掛かっていた。

父親と兄は仕に行って居ないのは分かってる。

母親と兄嫁は一緒に買い物かなと思い、俺が持っている鍵で玄関のドアを開けた。

自分の部屋でオナニーでもして過ごそうと、兄夫婦の部屋の前を通り過ぎて自分の部屋に行こうとした時、兄夫婦の部屋から女の喘ぎ声が聞こえました。

しかも部屋のドアを少し開いている。

覗いてみると、そこには兄嫁の亜樹さんがパンだけ脱いでスカートを捲り、左手で胸を揉みながら右手でバイブ(電マ)を持ち、ま○こに当ててオナニーをしてました。

亜樹さんは元モー娘の、デビュー当時の石川梨華に似た童顔で、20代前半にも見える28歳。

普段は大人しくて内気な兄嫁だなと思っていたのに、こんな一面があったとは…。

しばらく見ていたら、腰を動かして喘ぎ声も大きくなり、

「○さん!(兄の名前)イキそう〜イク〜ア〜!」

と言って、そしてピクッとなって動かなくなった。

どうやらイッたみたいだ。

しばらくすると、兄嫁は俺の気配に気が付いたみたいで慌てて服を直す。

そして俺の方に来て

「全部見てた?最近1ヶ月程、お兄さんがエッチしてくれないから寂しくて…」

と欲求不満の様だ。

俺が

「そうなん〜俺なら亜樹さんの様な可愛いお嫁さんを貰ったら毎日でもエッチしたいのになぁ〜」

と言うと亜樹さんに、いきなりディープキスされ

「きて…」

と言って俺の腕を掴むと、兄夫婦の部屋に引っ張り込まれた。

部屋に鍵をかけ、立っている俺の前にしゃがむとズボンを下ろされて、手でシゴキ始めて、俺のチ○ポが勃起するとフェラをし始めた。

よほどの欲求不満だったのか待ちきれなかったらしく、美味しそうにジュボジュボと音を立てて咥えてた。

あまりの気持ち良さにすぐにイってしまった。

亜樹さんは口に入った精液を全部ティッシュに出した。

亜樹さんは

「いっぱい出たね〜気持ちよかった?」

「今度は私が気持ち良くなりたいの!」

と亜樹さんは全裸になって、俺はベッドに押しされた。

またフェラしてきて、俺のチ○ポが勃起すると騎乗位で生挿入。

胸はあまり大きくないが、ま○この締まりは凄くよかった。

兄がセックスしてくれなくなって1ヶ月、毎日オナニーの日々で、チ○ポに飢えてたらしい。

セックスのテクは凄くよかった。

亜樹さん「あっあっあっあっあっあっあっあっあっ・・・あっ、イイ」

俺「亜樹さん、イイよ・・・あっ、あぁ」

亜樹さん「△△君(俺)のオチ○チンが奥まで入ってるよ…分かる?」

俺「はい、亜樹さんのに俺のが全部入って、出入りしてます」

亜樹さん「あぁん、太い、△△君の太い、あっあっ・・・あぁぁん」

俺「亜樹さん、最高だよ。こんなセックスした事ない、こんなに気持ちいのは初めてだ」

亜樹さん「久しぶりに本物のオ○チン気持ちイイ!」

俺「亜樹さん乳首立ってるよ」

亜樹さん「触って、乳首感じるの」

俺「こう?」

亜樹さん「あっ、あっん、そう・・・あんっ、気持ちい・・・もっと強く・・・あんっ」

俺「あぁ亜樹さんそろそろ逝きそうだよ」

亜樹さん「あぁ・・・私ももう少し・・・一緒に逝こう」

俺「アァ・・・あぁ・・・あぁ・・・ああぁ・・イク・・・あぁイク・・・イクよ」


亜樹さん「あぁ・・あん・・・いいわ私もイク・・・中に頂戴・・・全部中に」

俺「でもゴムしてないよ?・・・中はダメだよ」

亜樹さん「いいの・・・今日は安全日だから中でだして」

俺「あぁダメだっ・・・イクッ・・・・・あっぁ」

亜樹さんの中に俺の精液がドクドク出た。

亜樹さん「あっああぁ・・・暖かいの出てる・・・全部出してね」

俺「ぁあ・・・あぁ・・・あぁ」

亜樹さん「全部出した?」

俺「はい、全部・・・出しました」

亜樹さんの中に精液を全部出して、抜かずにそのまま抱き起こしてディープキス。

再び勃起すると、そのまま対面座位で亜樹さんの乳首を咥えて突き上げた。

ギュっと亜樹さんがしがみ付いてきて興奮、さらに激しく突き上げてイキそうになる。

俺「あっイクっ、亜樹さん!中に出すよ」

亜樹さん「うん、中に・・・全部中に出して〜」

そして2度目の中出し。

亜樹さんのま○こからち○ぽを抜くと、2回分の精液と亜樹さんので混ざった体液が出てきました。

体位を正常位に変えて長時間高速ピストン運動で亜樹さんのま○こを攻撃。

亜樹さんこれには耐え切れずに早くも絶頂寸前。

ま○この締め付けがかなりキツくなってきました。

亜樹さんのま○この締め付けでこっちも射精感が。

俺「ああああぁ、亜樹さんのま○こが締め付けてくる」

亜樹さん「あぁん・・・△△くぅん・・・もっとぉ〜」

もっと快感が欲しがっていたので、亜樹さんのバイブをクリ○リスに当ててやった。

これで以上に感じ始めた。

亜樹さん「イヤ〜ダメ〜あっ、ダメ出そう・・・あっ」

俺「あぁ・・・イク・・・亜樹さんイクよ、亜樹さんも早く・・・一緒に」

亜樹さん「ああぁだめ、イク〜・・・・・・きゃーーーーーーーー」

叫び声とともに逝ったようだった。

3度目の中出し。

続いて、亜樹さんが

「アナルセックスがしたい」

と驚き発言。

俺は亜樹さんのま○こにテープを貼って精液が出てこないようにして、バイブの代わりにアナルにはち○ぽを突っ込んでやった。

アナルで10分くらい突いていたと思う。

「亜樹さん、何かち○ぽに当たるんだけど。もしかしてう○こ?」

「いやぁぁ、△△君汚いからぬいて、お願い・・・抜いて」

「あぁぁぁ・・・イクっ・・・亜樹さんイクよ」

「抜いて・・・あぁイク・・いく・・・抜いてお願い・・・逝く」

「逝きたいでしょ?このまま逝くよ」

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・あっ」

「あぁぁ中に・・・アナルにも」

アナルにも中出ししてち○ぽを抜いたらう○こがいっぱい出てきた。

俺と亜樹さんは満足して気が付いた時には夜の19時前で、兄が帰って来る時間になり、そろそろやばかったので2人で風呂に入って元の義姉弟に戻る。

今では家族に内緒で2日か3日に1回のペースで関係を持っている。

俺的には毎日でもエッチしたいけどね。

しかし大人しそうな兄嫁がこんなにセックス好きのスケベだとは…人は見た目では判らないなぁと思った。