AV - 官能小説

HOME
官能小説AV - 官能小説

検索結果:記事一覧

スタイル抜群の美人妻がAV勧誘された時のエピソード

少し前の話になります。

妻28歳と結婚して4年、子供も3歳になりました。

まず初めに妻のプロフィールを書きます。

身長161cm、体重50kg B2、W60、H93

ストレートのロングヘヤーで茶髪、顔も美人です。会社に営業に来た妻(当時、新人だった)に一目惚れ、2回目に会社に訪れた時に

個人連絡先を聞きだし、何とかGETした程で、妻を狙う人は多かったです。

2年付き合って結婚、可愛い子供にも恵まれました。

今でも、自慢の妻なんですが、余りの美しさ!(お惚気ではありません)心配で

仕方ありません。結婚後も、妻をナンパする男が多く何度も目撃した事があるんです。

子供を連れていてもナンパする不届き者もいるんです。

妻は子供を産んでから、太ると言うよりエロい体系と言いますか?肉付きのバランスが

良くなり、胸も2サイズUPしたと言います。下半身もムッチリとしてきて、出産して魅力が

増した感じです。

その美形の顔に、抜群のスタイル(特に胸が大きい)が男心を擽るんでしょうか?

まぁ、そんな妻を私は週2回抱く事が出来るんですから、光栄です。




情けない話ですが、専業主婦をしている妻が心配で、何度もメールや電話をし確認しないと

不安なんです。(アホですかね)

そんな不安を他所に、ある出来事が起きたんです。

妻と子供一緒に街に出掛けている時です。私は子供を抱きながら、ある店に入っていました。

後をついて来る筈の妻がなかなか来ない事に不安を感じた私は、店を出て来た道を戻って

行きました。

大分戻ったんですが、妻の姿がありません。電話を掛けてみたんですが、繋がらずおどおどして

いました。30分位経って、妻から電話が・・・”ごめんね!今何処? ”お前は何処にいるんだよ”

と言うと案外近くだった。

喫茶店みたいな所にいると言うので、行って見ると知らない男が・・・。

”どうもすいません!ちょっと奥さんに話を・・・”

妻を見ると赤らめた顔!

”どちらさん?” と言うと

”○○企画の中田といいます” って名刺をくれた。

”何の会社ですか” 

”え〜実はAV関連企業です”

”AV・・・妻に何の用で?”

”奥さん、凄い美人でスタイル抜群だから、思わず声掛けちゃったんです”

”人妻ですよ!何声掛けてるんですか?” 怒り

”まぁ・・・怒らないで・・・知らなかったんですよ。若いし”

”そうですけど・・・” 妻呆れ顔

”でも、本当どうです。人妻・子連れでも全然OK何ですけど・・・” 

”ふざけるな!” 

結局、彼は渋々帰ったんですが、お話量って少しお金をくれたが、私が一方的に怒っていたから

妻は呆れ、”何ムキになってるの?そう言うの嫌い”って買い物中止になった。

色々褒め言葉に酔いしれた妻だけに、私の怒りは邪魔だったのかも?もし私が来なければ妻は・・・。妻の後姿を見ながら、ちょっと後悔する私でしたが、AVにま勧誘される妻が益々心配です。